a級棋士

27 の例文 (0.00 秒)
  • 歴代のA級棋士については、歴代七番勝負・A級順位戦 を参照。 ...
  • 歴代5名の高校生A級棋士の中で、初出場時に優勝でも最下位でもなかった唯一の棋士となっている。 ...
  • 過去に7人しかいない『六十歳代A級棋士』の一人でもあった。 ...
  • ブロック紙3社連合は、この他にA級棋士を対象とした名人A級勝抜戦も主催していた。
  • 更に、2013年以降は将棋電王戦においてプログラムが現役A級棋士を含む上位棋士を次々に破っており、現在のコンピュータ将棋の実力はプロでも上位に入るレベルに達しているとされている。 ...
  • 前回優勝の佐藤慎一とA級棋士の久保はシードされて10月12日からの登場。 ...
  • その連勝記録の中には当時の名人・五冠王の羽生善治とA級棋士5名を負かしている。
  • 特に第5局において、10人しかいない現役A級棋士である三浦弘行が、約700台のクラスターという巨大マシンとはいえ、コンピュータに敗れたことが注目された。 ...
  • ついでに、他のA級棋士の成績を言えば、高橋九段9勝11敗。 ...
  • その昇級決定後に始まった王位リーグでは、残留はならなかったがA級棋士の三浦弘行から勝ち星を挙げた。 ...
  • 五十歳以上のA級棋士は、過去数えるほどしかいなかった。 ...
  • そして最終第5局ではA級棋士である三浦弘行八段が選手権1位であったGPS将棋に敗北し話題となった。 ...
  • 久保利明より下の世代の棋士からは、現在のところA級棋士・タイトル挑戦者・全棋士参加棋戦優勝者が現れていない。 ...
  • 新人王が後にタイトルホルダーやA級棋士などの強豪になったケースは多く、若手プロ棋士の登龍門であるとされている。 ...
  • ベテランのみの出場が続いていた日本が19歳でA級棋士の岡部、高嶋、大角を擁してきたことで注目を集めたが、5位に終わった。
  • こういうタイプの棋士が高く評価された往時、升田幸三がA級棋士に向かって「君達の将棋は松田君より大駒一枚弱い」と言ったことがあるという。 ...
  • 各棋戦の予選で敗退を重ねていく中で第53期王将戦は、予選で2人のA級棋士を破り、60歳で挑戦者決定リーグの参加を果たす。 ...
  • 次へ