鼻つまみ者

38 の例文 (0.00 秒)
  • 一族の中では鼻つまみ者となっている彼らを、敦隆はよく世話していた。 ...
  • それがやがては調子に乗って、世界の鼻つまみ者になる。 ...
  • たとえばこのことを公にして彼の名前をロンドン中の鼻つまみ者にすることだってできるのだぞ、と威してやりました。 ...
  • 当時から彼女はみんなの鼻つまみ者だった。 ...
  • 正に鼻つまみ者だった母の死を心から悼んだのは皮肉にも近所の小中学生たちだった。 ...
  • 獄中でも鼻つまみ者だったが、松陰が下獄してから、急におとなしくなった。 ...
  • しかしそこには一族の鼻つまみ者である、同じく船乗りであったエイブラハム船長の弟が、ある時漂流して死んだ仲間を食べたという話をしていた、という内容があった。 ...
  • やっぱり、あいつらとその親玉は宮廷内の鼻つまみ者なのだ。 ...
  • 放蕩して暮らすのは易しいが、そうして一族の鼻つまみ者になるのはしゃくに障る。 ...
  • 鼻つまみ者のキツネどんは幾つかの家を持ち、その家を渡り歩いては辺りに住む動物たちを震え上がらせていた。 ...
  • それまでは創業家の厄介な三男坊として社内でも鼻つまみ者であったと本人は述懐している。 ...
  • 村人にしてみれば、あからさまに知らん顔をすることもできなければ作田のように鼻つまみ者扱いすることもできない。 ...
  • こういう言い方をしちゃあ何だが、英明君ってのは、鼻つまみ者ではあったんです。 ...
  • 鼻つまみ者を自認し、押し売りや恐喝などの逮捕歴を隠さずに当選を果たした。
  • だから、アドバイザーのような形ではなく、もっと深く放火班が捜査に関わるべきだと主張して、鼻つまみ者扱いを受けるような羽目にもなったのだった。 ...
  • と同じく鼻つまみ者のようだ。 ...
  • 近所の鼻つまみ者であった。 ...
  • 次へ