鼻つまみ

全て 名詞
117 の例文 (0.01 秒)
  • 一族の中では鼻つまみ者となっている彼らを、敦隆はよく世話していた。 ...
  • 寄ってたかって鼻つまみにしたら、立ちなおるチャンスも失ってしまう。 ...
  • 二度とあんな事を繰り返したら世界中の鼻つまみになるかも知れぬ。 ...
  • それがやがては調子に乗って、世界の鼻つまみ者になる。 ...
  • 婦人たちもこの我がホテルでは鼻つまみの男に、一斉に歓迎の表情を見せた。 ...
  • あいつは昔から有名な女たらしで、劇団でも鼻つまみだったのよ。
  • 殺された男はこの近在でも鼻つまみの、性質の悪い奴だったので、みんなかえって喜んだ。 ...
  • 馬五郎が裏店の鼻つまみになったのは、女房と別れた六、七年前からである。 ...
  • どこへ行っても、おれは嫌われ者の鼻つまみなんだから。
  • 彼は文学者であるから、バジルの前にも鼻つまみをしない。 ...
  • 当時から彼女はみんなの鼻つまみ者だった。 ...
  • 正に鼻つまみ者だった母の死を心から悼んだのは皮肉にも近所の小中学生たちだった。 ...
  • あづま屋のおかみの話のとおりで、吉次は世の鼻つまみ仕事を引きうけているのである。 ...
  • 本人だけがそううぬぼれていて、相手の方で、鼻つまみに思っていた、ということだってあり得る。 ...
  • こうした「鼻つまみ」の御家人は、いまの世に掃いて捨てるほどいるのだ。 ...
  • 妥協と言う名の敵共に、偏見という悪党か、次は卑怯ひきょう未練の鼻つまみめだな!
  • サメこと碇鮫吉をリーダーとする5人の漁師グループは村の鼻つまみ者だった。 ...
  • 次へ