鹿毛馬

全て 名詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • 特に鹿毛馬で星がなかったりするとどう覚えていいものやらてんでわからない。 ...
  • 「そこが山の神の付け目なんだからな」 オコシップは近くにいる鹿毛馬に言って聞かせた。 ...
  • 黒鹿毛馬で、チュニスからフランス経由でイギリスに渡る。 ...
  • 烏に目をほじくられた鹿毛馬が西田の前に転がっていた。 ...
  • 大柄な鹿毛馬で、2歳時のセリでは2万150円で取引された。 ...
  • 僕が入ると、手前の鹿毛かげ馬が、飼葉をくれる人間と知ってか、催促するように前肢で寐藁を掻いた。 ...
  • 他に青毛・青鹿毛・黒鹿毛馬限定競走のくろうま賞、栗毛・栃栗毛限定競走のゴールデンホース賞が行われている。 ...
  • り場では鹿毛馬が曳き回されていた。 ...
  • 山城説と霊域説が対立したままであったが、古代の重要な遺跡であるのは間違いないので、昭和20年までに雷山・石城山・鹿毛馬の神籠石が、昭和20年代には御所ケ谷・高良山・女山・帯隈山の神籠石が史跡に指定された。 ...
  • 鹿毛馬神籠石は、福岡県飯塚市鹿毛馬にある鹿毛馬川沿いの馬蹄型丘陵地に築かれた日本の古代山城である。
  • 艦名はスペイン語で「鹿毛馬」を表し、ハタ科の大魚ガルフ・グルーパーのスペイン名に因んで命名された。 ...
  • 白樺林をしばらくゆくと、果たして兎を馬具の後部にくくりつけた親方の植田が、鹿毛かげ馬を駈り風を突っ切って、オコシップのすぐ眼の前を通り抜けて行った。 ...
  • 「若狭国の目従七位下伊勢朝臣諸人、内舎人大初位下佐伯宿禰老を遣して、鹿毛馬を若狭彦神、八幡神宮に各一匹を奉らしむ」 してみるとこの「八幡神宮」すなわち八幡神社は、少なくとも七七〇年にはすでにそこにあったのである。 ...
  • ピンザは16ハンドを超す大柄な鹿毛馬で、ダービー7勝などクラシック競走を19勝した調教師に生産された。 ...