鶴岡八幡宮参詣

9 の例文 (0.00 秒)
  • 永禄元年に行われた古河公方足利義氏の鶴岡八幡宮参詣の際にこれを迎える準備を行っている。 ...
  • 建長から弘長年間には、将軍・宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣の供奉人を頻繁に務めている記録が見られる。 ...
  • 建久元年、源頼朝の上京に従い、鶴岡八幡宮参詣や東大寺供養の上京へも従っている。 ...
  • 建保7年、鎌倉幕府将軍源実朝の右大臣就任の鶴岡八幡宮参詣に随従してその暗殺を目にする事になる。 ...
  • 史料における初見としては、嘉禎4年、4代将軍・藤原頼経が上洛した際に随兵を務めたこと、建長4年には、新たな将軍として迎えられた宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣の供奉人を嫡男の時実と共に務めたことが『吾妻鏡』に記されている。 ...
  • 文治元年10月の勝長寿院落慶供養では会場設営以下の奉行を務めたほか、翌同2年正月の頼朝の鶴岡八幡宮参詣においても側近の一人として随行した。 ...
  • 宗尊親王の鶴岡八幡宮参詣に際し供奉を担当。 ...
  • 正治2年正月6日、鎌倉で椀飯の沙汰人を務めるが、同月24日には京都で梶原景時与党の追捕を命じられ、2月26日には2代将軍・源頼家の鶴岡八幡宮参詣に御後筆頭として随行するなど、京都と鎌倉を頻繁に往復していた様子がうかがえる。 ...