鯨法会

7 の例文 (0.00 秒)
  • 金子みすゞは鯨法会をする地域の慣わしに感銘し『鯨墓』を書いた。 ...
  • 江戸時代以前の組織捕鯨を生業にしてきた地域や以降の捕鯨を行ってきた地域でも、追悼や供養の意味を込めて建てられた墓であり、特に積極的捕鯨をしてきた地域では鯨墓にとどまらず、鯨過去帳の作成や卒塔婆や戒名や年一回の鯨法会まで行う地域まで存在する。 ...
  • 金子みすゞは鯨の供養のために、鯨法会をする地域の慣わしに感銘し「鯨法会」という作品を書いている。 ...
  • 劇中詩で金子みすゞの「鯨法会」と「海の果て」が朗読される。 ...
  • 番組内ではちひろの歌と共に、金子みすゞ記念館館長・矢崎節夫や金子みすゞの一人娘・上村ふさえのインタビューも交えており、山口県長門市通地区にある向岸寺で毎年行われている「鯨法会」の様子も紹介され、金子みすゞの生い立ち、詩の心の背景が紹介されている。 ...
  • 東隆明脚本・演出による『こだまでせうか〜童謡詩人・金子みすゞ その愛と死〜』は七人の作曲家によって「鯨法会」「葉っぱの赤ちゃん」など25曲に付曲し、語り朗読でみすゞの詞と人生を綴り、日本クラウンからCD発売され、また舞台化もされた。 ...