高野山参詣

22 の例文 (0.00 秒)
  • 大和街道の宿として、また高野山参詣客を対象として建てられた旅館である。 ...
  • また最短距離であることを利用して、高野山参詣後の下山路として機能していたとも考えられている。 ...
  • 先代の住職の住居で、天皇・上皇の高野山参詣の宿泊所にもなっていた建物。 ...
  • 大永7年、海野氏族の高野山参詣時の宿坊を蓮華定院とする契状を出す。 ...
  • 誉田別命と火産霊神を祀っていることから、商売繁盛の神としてや火の神、かまどの神として崇められており、また、日本三荒神のひとつとしても知られていることや高野山の奥社などとされていることから、火に関わる職業の人や高野山参詣の人々を中心に全国各地より信仰心の厚い人々が訪れるという。 ...
  • 貴賓車転用後の1900号は、皇室関係者や政府要人の高野山参詣などに際して運用されたが、その用途上運用機会は極めて少なく、戦中から終戦直後にかけての大半の時期は橋本駅構内へ疎開され、戦後は住ノ江検車区へ移動し、いずれも車体にカバーをかけられた状態で保管された。 ...
  • また、関戸院の預ともなっており、治安3年には高野山参詣から帰途に着く際の道長を同院において饗応している。 ...
  • この頃から、真言密教に関心を深め、正和2年、かねてからの希望であった高野山参詣を行った。 ...
  • 天文13年には信虎の高野山参詣に際して宿坊となった引導院への礼状を発給しており、対外交渉への携わりも確認される。 ...
  • 正長元年8月に高野山を参詣して蓮花三昧院と師檀の契約を結び、今後下総・上総の高野山参詣者は同院を宿坊にするように定めたとする伝承がある。 ...
  • さらに寛仁4年には藤原道長が、高野山参詣の途中に立ち寄っており、寛平年間には藤原継蔭の娘で歌人として著名な伊勢が訪れている。 ...
  • 河陽鉄道が大阪市と南河内を結ぶためや高野山参詣客を当て込んで、柏原駅 - 古市駅間を1898年に開業させたのが始まりである。 ...
  • 平安期、摂関政治が盛んであった頃、高野山が浄土であるという信仰が起こり、その信仰が高まりを見せると、上皇・天皇・皇族や貴族による、高野山参詣が相次いだ。 ...
  • 室町・戦国期には戦国大名や国衆など地域権力の伸長とともに高野山諸院は地域権力の高野山参詣に際して独占的に宿坊を提供し、追善供養や逆修供養を引き受けた。 ...
  • 伝説上の存在として、古くは、ギリシア神話のタロース、ユダヤ伝説のゴーレム、ギルガメシュ叙事詩のエンキドゥなどが挙げられ、日本でも鎌倉時代の説話集『撰集抄』巻五に、西行が故人恋しさに死人の骨を集めて復活させようとして失敗する話「高野山参詣事付骨にて人を造る事」がある。 ...
  • 河陽鉄道が大阪と南河内を結ぶためや高野山参詣客を当て込み、現在の道明寺線および南大阪線の一部にあたる柏原駅 - 古市駅間に続き、東高野街道沿いに古市駅 - 富田林駅間を開業させたのが始まり。 ...
  • thumb|200px|金剛寺 南大門 大正期には、高野山参詣の終着駅であったこともあり、天然温泉をうりに観光地として賑わったものの、高野登山鉄道が延伸するとともに賑わいは薄れていった。 ...
  • 次へ