高野参詣

18 の例文 (0.00 秒)
  • 三日市は、高野参詣の宿場町として栄えてきた歴史がある。 ...
  • 鉄道が利用でき高野参詣に便利なため多くの参詣者で賑わった。 ...
  • これらの信仰による権力者の高野参詣は人々に大きな影響を与え、庶民による高野参詣が増えた。 ...
  • 高野山へは、慈尊院を起点とする町石道を通るよりも距離が短く短時間での高野参詣が可能である。 ...
  • 高野山へは、慈尊院を起点とする町石道を通るよりも距離が短く、その分短時間での高野参詣が可能である。 ...
  • 「紀伊続風土記」によると、麻生津の渡しから花坂までの間に、今も残る六地蔵がすでに配置されていて道標の役目をしていることから、江戸中期には高野参詣者の往来が相当あったことがうかがえる。 ...
  • ここに里長とは『高野参詣記』に刀禰とあるもので、その里長に命じて瓜盗人の制止を加えしめるについても、桂辺には散所雑色が多いから、それらをして警戒せしめたいとの意と解せられる。 ...
  • 高野山が「参詣すべき霊場」と多くの人々が認識する契機となったのは、11 - 12 世紀頃における上皇・貴族などの権力者による高野参詣である。 ...
  • 大徳院の前身は、徳川家の先祖にあたる松平家の菩提寺として、室町時代には蓮華院を名乗っていたが、1594年に徳川家康が高野参詣した際に大徳院の名が与えられ、改称した。 ...
  • 高野山の参詣に至っては、その記事が『群書類従』所載の「高野参詣日記」につまびらかであるからこれを省くが、その途中堺・住吉等を経由したことはもちろんである。 ...
  • それには、高野参詣の宿所として栄え、大坂や奈良からの人の往来が盛んであり、当時の算数の手本とされた『格致算書』、『因帰算歌』なども手に入れやすく学問を行う良い環境に育ったことがあった。 ...
  • この文書がもし真物ならんには、散所の文字ある最古の文書として、既引『小右記』長和二年の記事や、永承三年『高野参詣記』の記事などよりも上に列すべきものではあるが、もとより後世の偽書で、延喜当時の状態を知るべき参考となるべきものではない。 ...
  • 関白頼通高野参詣の頃における淀・山崎等の散所も、またこの要津に居所を定めて、往来の旅客商估しょうこに役せられて、生活していたものであろうと解せられる。 ...
  • 「紀伊国名所図会」の「登山七路」の項で、「京大坂より紀伊見峠を超えてくるものと、大和路より待乳峠を越えて来るものと、清水村二軒茶屋にて合ひ、学文路を経てこの道より登詣するもの、十に八九なり」と表現されている事から、江戸時代後期における京大坂道の利用は、高野参詣者の8 - 9割に及ぶことがわかる。 ...
  • 西国巡礼者による高野参詣の西国街道のルートとしては、第三番札所粉河寺参拝後、紀の川を渡り麻生津峠を越え矢立で町石道に合流し、高野山へ至り、その後、京大坂道不動坂を下り、宿場町であった神谷から「まきの道」を進み槇尾寺に至る参詣ルートとなる。 ...
  • 「紀伊続風土記」に、1594豊臣秀吉が高野参詣の帰路に黒河道を用いたとあり、秀吉が通った黒河道の経路が記され、沿道には秀吉ゆかりの名が付いた「太閤坂」「太閤の馬返し」「沓場」などが残る。 ...
  • また、御伽衆の大村由己に命じて『芳野花見』『高野参詣』『明智』『柴田』『北条』という、自身の事績をテーマにした新作の能をつくらせるほどの熱の入れ方であった。 ...