馴致

全て 名詞
182 の例文 (0.00 秒)
  • 芸術が一種の創造であるという要素は、この馴致されない野性的な深い何物かの上に建設されるところにある。 ...
  • また人間になつくことはほとんど無く、騎乗や運搬用に馴致することが困難である。 ...
  • やむなく、じっくり時間をかけて馴致じゅんちしていく方針に切り替えられたのだった。 ...
  • その心はまず、自己規律訓練によって馴致され、さまざまな手段によって浄化されなければならない。 ...
  • だから、あらゆる分節化の試みは、「不自由」への馴致を前提としている。 ...
  • また野生の馬を調教し馴致といった過程が恋愛関係の一部に共感できることなども影響を与えている。 ...
  • 認識が風景によって拡大し、思考がイメージによって共通されるのではなく、風景そのものが、思考をイメージに従属させ、風景による認識の拡大が可能であるかに存在を教育=馴致しているということ。 ...
  • 飛騨訛ひだなまりがそう不自然でなく東京弁に馴致じゅんちされた言葉つきである。 ...
  • ゾウとの接触には危険が伴うが、この方法は、必ずしもゾウと接触する必要が無いため、完全な馴致がなされていない個体にも用いられる。 ...
  • この血液置換状態を馴致中持続するためには、候補畜の体を拘束せねばならない。 ...
  • これは貢納物の支払いに関し、教示し馴致させるインカの手法を示している。 ...
  • 自宅の近所に2歳馬の馴致をする施設があり、手伝いを通じて競走馬に親しむ機会があった。 ...
  • 馴致もまったく行われず、こうした環境からヒカルイマイは非常に気性の荒い馬に育った。 ...
  • もともと感情の鈍いほうなのに主人の命令に馴致じゆんちされて定海のいうことにもさからわず、おとなしくしていた。 ...
  • 僕はそれに気がついて、人間の馴致じゅんち性というのか、変通性というのか、自身のたより無さにあきれてしまった。 ...
  • 同じ男をどちらがものにするかで勝負する時もあり、別々の男を日数を限ってどの程度までマゾ化できるか馴致度じゅんちどを比べる時もある。 ...
  • 人びとは信ずるに足らぬものを信ずるように馴致され、一夜にして信じたものを失ったのである。 ...
  • 次へ