馴致椅子

6 の例文 (0.00 秒)
  • だから厳密には候補畜として馴致椅子に入れられる資格がないのである。 ...
  • いや、クララに教えてはポーリンにも悟られると警戒したドリスは、馴致椅子にすわる本人のクララにさえ計画を内緒にしていたのだ。 ...
  • それに目をつけたドリスは、彼を馴致椅子に入れて、中心思念を「クララへの祈り」とすることを考えついたのだ。 ...
  • これが「馴致椅子ティミング・ソファ」と称ばれるもので、その原理は脳波調節にある。 ...
  • 馴致椅子ティミング・ソファの中に、手首・足首をハンモックにられた姿勢なり麟一郎りんいちろうは、クララへの祈念のみに心を澄ませ、かくて脳波受信によって、彼女の胸の昆虫形こんちゅうがたブローチの位置に目と耳を置いて、彼女と同様の視聴覚体験を吸収していた。 ...