香華料

8 の例文 (0.00 秒)
  • 信長は香華料として660石を寄進した。 ...
  • 信長から香華料として660石が贈られる。 ...
  • 寛永寺にも同額が、香華料として宮路の手に託された。
  • また、非業に死んだ琴江に対しては、大殿より清水家へ対し、詫びの言葉と共に、香華料が届けられたという。 ...
  • 法恩山天沢寺ほうおんざんてんたくじと称し、寺領百石を香華料として寄進するという家光の配慮があって、おふくは稲葉正勝と共に思いがけない、大法要をいとなむことが出来た。 ...
  • 妻子の生活費、撮影のための汽車賃、宿代、香華料、そしてフィルム代や閃光電球代を工面するのに、リヤカーで蔵書を神田の一誠堂へはこんでいったこともある。 ...
  • 昭和8年に行われた『和歌山県史蹟名勝天然紀念物調査』の際に、調査員・勝田天哉の取材に対して法伝寺住職の田中随憲は「後裔は当地に無き為か、曾て墓所を訪ふ人もなく、殆ど無縁同様にて、唯、東京在住の山内直丸という人が稀に香華料を供ふるに過ぎず」と、答えている。 ...