香華を手向ける

7 の例文 (0.00 秒)
  • その場合には仏像の代わりに、姿のいい石を飾ってそれに香華こうげ手向たむけることによって、仏像を造ったと同じように仏に心を通じることが可能だという。 ...
  • 供養碑には、今でも香華を手向ける人が絶えないという。 ...
  • 元々は塚であったと考えられ、碑陰記の示すところでは、前出の桶峡弔古碑が建立されて以来それを今川義元の墓と勘違いをして香華を手向ける人が後を絶たず、後にいばらやごみで埋もれてしまって碑の在処さえ分からない状況に陥っていたので、このたび改めて周辺を整備し、この墓碑を建立するに至った、とのことである。 ...
  • というのは、山田家は初代貞武が堀部安兵衛武庸たけつねと深い交わりを結んでいたという言い伝えを代々守って、和水も毎月四日と十五日には必ず芝高輪の泉岳寺へ参詣して、安兵衛の墓に香華を手向けるのを慣例としていたからである。
  • その後、墓の周囲には鉄柵が張り廻らされ、墓石も金網で四方を囲み、針金で巻いて動かないやうにしましたが、後には香華を手向ける人も多くなつたさうで、誠に嬉しいと思つて居ります。 ...
  • 香華を手向ける重光。 ...