香華を手向け

12 の例文 (0.00 秒)
  • その頃年少のわたくしがこの寺の所在を知ったのは宮戸座の役者たちが新比翼塚ひよくづかなるものに香華を手向けた話をきいた事からであった。 ...
  • 香華を手向たむけないゆえ不貞だというようにもきこえたが、あれほど立派に川上の意志をついでいれば、それをこそ川上は悦んでよいのである。 ...
  • わたくしは自己の敬愛している抽斎と、その尊卑二属とに、香華こうげ手向たむけて置いて感応寺を出た。 ...
  • その頃年少のわたくしが此寺の所在を知つたのは宮戸座の役者達が新比翼塚なるものに香華を手向けた話をきいた事からであつた。 ...
  • その前に香華を手向けて礼拝を遂げた老僧と新発意しんぼち二人。 ...
  • 三冬は、秋山家と嶋岡礼蔵の墓へ香華こうげを手向け、つきそって来てくれた本性寺の小坊主こぼうずと別れ、墓地を抜けて裏門へ向った。 ...
  • お熊は泣く泣く箕輪みのわの無縁寺に葬むり、小万はお梅をやっては、七日七日の香華こうげ手向たむけさせた。 ...
  • お熊は泣々箕輪なくなくみのわ無縁寺むえんでらに葬むり、小万はお梅をッては、七日七日の香華こうげ手向たむけさせた。 ...
  • かたわらなるはは某氏の墓前に香華を手向たむけて蓮久寺を出づ。 ...
  • 墓石に水をかけ、香華こうげ手向たむけ、一面識もない相手と思いつつも、赤の他人とも割り切れず、心から手を合わせ、やがて立ち去ろうとしたとき、手桶をさげて近づいてきた朴直そうな四十二、三と見える男に、 「田中新兵衛どのにゆかりのお方ですか」 と問いかけられた。 ...
  • 私は故野村無名庵君によつてこの墓の存在を教へられ、拙作「円太郎馬車」上演に際しては春曇の午前、古川緑波、高尾光子、斎藤豊吉の諸君と共に香華を手向けたことを忘れない。 ...