香華を供え

8 の例文 (0.00 秒)
  • さて嘉次平の没後、お三は気が抜けたようなうつろな眸差まなざしでぼんやり庭をながめたり、思い出しては嘉次平に代って丹下家の墓へ香華を供えにいったりした。 ...
  • 寺男が苔を掃って香華こうげを供えたのち、ついでに隣りの小さな墓の苔も一しょに掃っているのを見て、私はもう一度それに注目した。 ...
  • 香華こうげを供え、伊之助は墓にむかって合掌し、大粒の涙をこぼした。 ...
  • 日誌を読むと、彼が三十三歳の時に死んだ父をはじめ、母や兄の毎月の命日には必ず霊前に香華を供えて冥福を祈っている。 ...
  • 後年の彼は戦陣にあっても肉親の命日を忘れず、香華を供えて冥福めいふくを祈る人であったが、その宗教心はこうした幼時の家庭環境の中で芽生えたものと思われる。 ...
  • そのひまに、又も妓女おんなの屍体を肩にかけてドンドン山の方へ逃げ出したが、エライもので、とうとう山伝いに画房まで逃げて来ると、担いで来た屍体をきよめて黛夫人の残骸の代りに床上に安置し、香華こうげを供え、屍鬼をはらいつつ、悠々と火を焚いて腐爛するのを待つ事になった。 ...
  • 香華を供えない。 ...