香具師

733 の例文 (0.01 秒)
  • こうなると香具師も一種の芸術だと思わせられることがたびたびある。 ...
  • インチキを売り物にしているなんかを見ると、腹が立ちましたよ。 ...
  • 死んだ香具師と女忍者の墓は、三ノ丸の隅にある小高い丘の上であった。 ...
  • どれもが香具師の手に掛かると生き生きし、しかも決して高価ではない。 ...
  • そういう季節の或日のこと、香具師やしはフラリと家を出て、野の方へ散歩した。 ...
  • 六人の香具師たちが逃げ散ろうとするまえに、騎馬はそれをとり巻いた。 ...
  • どんな関係だか知らないが、俺を香具師だと信じているらしい。 ...
  • としより夫婦ふうふは、ついに香具師やしのいうことをしんじてしまいました。 ...
  • 年より夫婦は、ついに香具師の言うことを信じてしまいました。 ...
  • そのうち、秀吉にも劣らぬ大喝采を受けたのは、ひとりの香具師であった。
  • 「どうだ」 眼をまるくして見まもっていた七人の香具師は手をふった。 ...
  • 「香具師さん、香具師さん、驚いたかいわたしだよ」 女の声が聞えて来た。
  • 香具師仲間の詮議のつるはもう切れた、と、亀吉は落胆したように話した。 ...
  • 稲荷の山へ見廻りに来て、その足でこゝへ立寄る香具師やしの親分があつた。 ...
  • 香具師独特の軽捷さに加えて、この男、眼だけは人間ばなれしているほどいい。 ...
  • 結局かれは香具師やしのなかまからかまわれて、どこの小屋へも出ることが出来なくなった。 ...
  • 彼が生きているのは、野の獣と変らぬ香具師の生命力だけといってよかろう。 ...
  • 香具師や手品師や軽業師などは、掛小屋の前で大声を張りあげていた。 ...
  • ひとりは女香具師にきまっているが、もう一人もどうやら女であったような感じがする。 ...
  • その端が坐っている香具師の口の辺へ真直に突き出されていた。 ...
  • そして、そこの街道で、ブラブラと先をゆく七人の香具師に追いついた。 ...
  • 香具師といっても、これくらいになると人間ができている。 ...
  • いつかの香具師やしが、いよいよこの夜娘よむすめれにきたのです。 ...
  • いつかの香具師が、いよいよその夜娘を連れに来たのです。 ...
  • どこかの香具師やしの家にでも飼ってある奴が、火におどろいて飛び出したんだろう。 ...
  • 武士姿をした者もあれば、香具師やし風をした者もある。 ...
  • 日本で香具師やしという職業が、いつ、どのように発生したか、よくわからない。 ...
  • 一つには、香具師やしたちの陽気な笑い声がきこえなくなったせいもある。 ...
  • 次のページ

香具師の使われ方