首をひねる

270 の例文 (0.01 秒)
  • と、秀吉が首をひねったのは、もう秋もかなりに深くなった頃であった。 ...
  • わたしは、この仕事を担当した技師が首をひねったことを知っています。 ...
  • いったいなんのことだろうと首をひねっていると、ゆき江が帰ってきた。
  • それから、いったいどうやってもどってきたんだろう、と首をひねります。 ...
  • 子供たちはゆっくりと、首をひねりながら彼の回答を伝えに戻ってきた。 ...
  • 母の、あの冷たい手が置かれた気がして、弾かれるように首をひねった。 ...
  • 男は首をひねってから、頭に付けたヘッドセットに向かって呼びかけた。
  • この事実を初めて発見した時にはさすがの私も首をひねらせられた。 ...
  • 後に残されたエイは、手の中の物をしげしげと眺めてから首をひねった。 ...
  • その本体はあなたに首をひねらせたずっと北の建物に保存されていた。 ...
  • 本当に半年以内の写真だろうか、とちょっと首をひねるほど若く見える。 ...
  • 考えてもわからないので、あなたは首をるか、首をひねるかしました。 ...
  • おかしいな、と首をひねって作業に戻ろうとすると、再び視線を感じた。 ...
  • 近くにいるインデックスは訳が分からなそうな顔で首をひねっている。 ...
  • しかるに原口さんが突然首をひねって、女にどうかしましたかと聞いた。 ...
  • 確かに若いことは若いのだが、少女は納得しかねる顔で首をひねっていた。
  • もし税務署がみつけたら、これは何だろうと首をひねることになります。 ...
  • そのころ三吉と大辻とは、理科大学の新築場しんちくじょうに立って首をひねっていた。 ...
  • そのとき、何度か首をひねったのは、登場人物同士の会話の調子であった。 ...
  • 民衆は、この奇妙な代物がなんのために作られるのかと首をひねった。 ...
  • このころから万葉はずっと、首をひねってはつぶやいていたという。 ...
  • と首をひねりつつページをめくってたんだけど、まさかこう来るとはなあ。 ...
  • しかし、道を歩きながらしきりと首をひねりつづけたのは伝六です。 ...
  • 調査局員たちはこの奇妙なテープを前にしてただ首をひねるばかりだった。
  • 「男が二人襲われてるのも分からないな」蔦矢もリストを見て首をひねる。 ...
  • 犯人の正体を知らない優子は、ただ心の中で首をひねるばかりである。 ...
  • よくこれで経営がなりたっていくものだ、と首をひねらざるをえない。 ...
  • そしてこれに気づかずしきりに首をひねるのがふたりのらしいところだった。 ...
  • 次のページ