颯爽と歩く

18 の例文 (0.00 秒)
  • その男は奇妙なことに、雪の降る中をワイシャツ姿で颯爽さつそうと歩いていた。 ...
  • アジア系の女が一人、ハイヒールの音を響かせながら颯爽さつそうと歩いている。 ...
  • 颯爽さつそうと歩いているブルネットの女に気づかれないように、背後から忍びよった。 ...
  • 水穂はもうクルマを降りて、ショルダーバッグを肩に颯爽と歩いてくる。 ...
  • 大学の新入生なんかが、アパートの前を颯爽さっそうと歩いていた。 ...
  • 太い黒ぶちの眼鏡をかけ、口を真一文字に結んで、いつも颯爽と歩いていました。 ...
  • 一年後、愛斉会総合病院の廊下を颯爽さつそうと歩く聡子の姿があった。 ...
  • 長身の中尉が、夕方の斜めに流れる光の中を、颯爽さつそうと歩いて行く。 ...
  • 緩やかなウェーブのついた黒髪を靡かせて颯爽と歩いてくる女性。 ...
  • 廊下の向こうからさっきの助手が、颯爽と歩いてくる。 ...
  • 高校を卒業と同時に地元企業へ就職するつもりであったが、ステージを颯爽と歩くモデルに魅了されてモデルを目指す。 ...
  • 自分が白衣を着て颯爽さつそうと歩いているところを空想し、アーフィンはひそかに胸を躍らせた。
  • 棟方志功氏の姿は、東京で時折、見かけますが、あんまり颯爽さっそうと歩いているので、私はいつでも知らぬ振りをしています。 ...
  • 棟方志功氏の姿は、東京で時折、見かけますが、あんまり颯爽と歩いてゐるので、私はいつでも知らぬ振りをしてゐます。 ...
  • きっとこんな場所ではなく、ファッションショーの花道でも颯爽さっそうと歩いていたら沢山たくさん賞賛しょうさんの声をかけられただろう。 ...
  • 蛍は飲食街を颯爽と歩いて小さな居酒屋に案内した。 ...
  • 本郷の街路樹下を最も颯爽と歩く人物は中島健蔵先生であると、先日一文科生が僕に語つた。 ...