颯爽

全て 名詞
1,141 の例文 (0.01 秒)
  • その男は奇妙なことに、雪の降る中をワイシャツ姿で颯爽さつそうと歩いていた。 ...
  • 曹操は最も舞台効果のある時をえらんで、颯爽さつそうと登場したいのであろう。 ...
  • 実際に勤務についてみると、予想していたほど颯爽さつそうとしたものではなかった。 ...
  • あとは幹也が妹としてのわたしを忘れた頃、さっそうと帰ってくればいい。 ...
  • 壮快なる男子の颯爽たる行動を描いて、近代文学には一種の古典がある。 ...
  • 鮫島勘太は美智代の手をとって、颯爽さつそうやみの夜に消えていったのである。 ...
  • 二人とも颯爽さつそうとしていて、空を仰いで胸をはって歩くという感じであった。 ...
  • 金髪の颯爽とした美人で行動力と責任感に溢れ、仲間からの信頼も高い。 ...
  • やつの、あの颯爽さつそうとしたイメージの裏には全く違ったもう一つの顔がある。 ...
  • 衣笠の町を颯爽と胸を張って歩いたときの角帽に付いていた徽章だろうか。 ...
  • その中で、なつきはまるで空中を飛んでいるかのように、颯爽さっそうとしていた。
  • どこからか颯爽さっそうと現れて、自分のもとけつけてきてくれるのだろうか? ...
  • 引っ張られるままにハルユキが腰を上げると、そのまま颯爽さっそうと歩き出す。
  • ドラマなんかで見る傷ついたヒロインは、もっとさっそうと走っていた。 ...
  • この颯爽さっそうとした青年のうわさは、きっと、またたく間に村中に広がるだろう。 ...
  • 昔日の颯爽とした自分をとりもどすためには、まだ時間が必要だと思った。
  • どこを見ても、文化的な、教養ある、溌剌颯爽とした生活が感じられる。 ...
  • 次へ