頭が上がらない

全て 名詞
197 の例文 (0.00 秒)
  • さっきも言ったように、うちの主人ひとはわたしやパパに頭が上がらないの。
  • 二人には完全に頭が上がらないみたいで見ている側としては結構面白い光景だ。 ...
  • 婿養子であるという立場を差し引いても、女房には頭が上がらないのだ。 ...
  • 大臣と呼ばれた人の方も教授には頭が上がらない様子ようすだった。 ...
  • 何となくいつも頭が上がらないという気がするのではないだろうか。 ...
  • この経験から彼には非常に恩義を感じており、頭が上がらないと語っている。 ...
  • 強気の翠も頭が上がらないようでそういう姿を見ているのはなんだか面白い。 ...
  • これは何と申しても私一生の失敗であると、いまでも主人の前に頭が上がらないのであります。 ...
  • その頭が上がらないうちに、男は、もう次の客に声を掛けている。 ...
  • 自分で本当に極道者と思いこんでいれば、神さまの前に頭が上がらない。 ...
  • 父は、この鬼は自分だ、いつまで経っても五郎二には頭が上がらないと言っていました。 ...
  • これは何と申しましても私の一生の大失敗であると、いまでも主人の前に頭が上がらないのであります。 ...
  • だから、身に覚えのある日本人は、ピンク・レディーに頭が上がらない。 ...
  • また、上述のように母ちゃんと同じく先生に対しても全く頭が上がらない。 ...
  • なんかこの頃頭が上がらない人が増えている気がする。
  • 長らくヒモのようなことをしていたので、誠司は和美に頭が上がらない。 ...
  • 警察上層部は、基本的には与党の政治家に頭が上がらない構造になっている。 ...
  • 次へ