革装丁

10 の例文 (0.00 秒)
  • 今度は自分の整然とした、ほとんど空の抽斗ひきだしを開け、小さな赤い革装丁の本を取り出した。 ...
  • 日本の和本の横に、ヨーロッパの革装丁の本を置いてみると、なおのこと、この理論のいわんとすることが理解できるだろう。 ...
  • 男は蝋燭の明かりで、革装丁の大きな本を読んでいた。 ...
  • つまり、本の中身は本物でも、外側の革装丁が、マリユス・ミッシェルなど過去の有名な装丁家の作品そっくりの偽物というケースはよくあるのだ。 ...
  • かくいう私も例外ではなく、商売道具の最たるものである革装丁の洋古書のモノとしての側面についてまったく無知だった。 ...
  • とくにヨーロッパの場合、二十世紀の前半までは、仮綴じに自分で革装丁ルリュールを施してはじめて古書として流通するという伝統があったから、偽造品がより出現しやすかった。 ...
  • ただ、見かえしに古風な花模様のある、黄色い、象牙色の革装丁の一冊のノートがあれば。 ...
  • 本は全て革装丁かわそうていで、大部分は茶色、背の金箔きんぱくが輝く真新しいぴかぴかの本もあれば、古すぎて革がすりへり、厚い布のようにザラザラになっているボッテリした小型本もある。 ...
  • 机上の電気スタンドのちらちらするあかりの中で、トミーは汚れた革装丁の金箔文字をようやく読みとった。 ...