静かな一隅

8 の例文 (0.00 秒)
  • もしそれでよろしいというのでありましたら、どこか静かな一隅を喜んであの子のために提供いたします。 ...
  • ちょうどきっかり、たそがれの始まるころに、またしてもあの静かな小さい公園のあの静かな一隅に、灰色の服をきた女がやってきた。 ...
  • 夕闇ゆうやみせまりはじめるころ、またしてもその静かな小公園の、その静かな一隅いちぐうに、灰色のドレスをきた女が姿を見せた。 ...
  • 王商人は、あばたの少年のさきに立って道を急ぎ、いつもあまり行かない小さな茶館へ行って、静かな一隅のテーブルを選んで腰をおろした。 ...
  • クラブで、静かな一隅へわたしを誘いこんだときの彼の素ぶりがすでに外交上の秘密をじくじく滲み出させていた。 ...
  • それはこの前と同じようにある夏の日のことであったが、彼は大学の仕事をすませて遅くロンドンに着き、ソホーの静かな一隅に足を向けながら、マネット医師に心中をうちあけようと思いふけっていた。 ...
  • ド・クラヴイエエル夫妻は、巴里へ落着いた最初から、こゝフユゥルステンベルグ街に、聖ジエルメエン・ド・プレ寺院の裏手の、セエヌ左岸の静かな一隅にある、このアパァトメントを借りて住んだのであった。 ...