青天白日

全て 名詞
116 の例文 (0.00 秒)
  • うちの気の毒なゴルシコーフさんがついに青天白日の身になったのです。 ...
  • 彼女が完全な青天白日の身になり、罪は行くべき所へ行くのが僕の望みなんだ。 ...
  • 服は便衣であるが、帽子は正規兵の青天白日の徽章をつけたものである。 ...
  • お前に罪がないというなら、せいぜい青天白日の身になるがいいさ。
  • 青天白日、庭の真中で大びらに女が行水ぎょうずいするも、田舎住居のお蔭である。 ...
  • 青天白日の身になったあかつき、きっと恩返しをするからという意味の依頼もあった。 ...
  • そこから刑を終えて出て来た人間は青天白日の自由人だ。 ...
  • わたしは完全に青天白日の身でいたかったのだ。 ...
  • そいつはまだ青天白日のままこの人生を闊歩かつぽしているのだ。 ...
  • また、青天白日章の代わりに部署名が書かれたものも見られる。 ...
  • 自然にそうなくてはならないような工合に、青天白日に這入って行ったのだ。 ...
  • 同時に青天白日と同じ事で、どこにもその影を宿さなかった。 ...
  • 青天白日のもとでありながら、くらむほどの輝きを放っていた。 ...
  • また、ボタンには中華民国の象徴である青天白日章があしらわれているのも大きな特徴である。 ...
  • わたしは、あなたがたのどなたにもおとらず、青天白日の身なのです。 ...
  • 相手を傷つけるのはいやなものだが、悪役をつとめ終ればあとは青天白日の身である。 ...
  • それは青天白日という言葉を思わせた。 ...
  • 次へ