青い法被

9 の例文 (0.00 秒)
  • 拳銃を腰の横でかまえ、こめかみから血を流している大男が旅館の青い法被を羽織っているのはとても変だった。 ...
  • 喜んでいる場合ではなかったのだがどうしても大喜びの芳裕はさっきの青い法被の大男が、自分たちに向かって非人間的なスピードで突進してくる猛牛のような姿を見つけても、これはえらいことだなあと認識しながらうっとりとしたため息を洩らしただけだった。 ...
  • また5upよしもと芸人は「5upよしもと」と書かれた青い法被を着用している。 ...
  • 青い法被を羽織り、腹にはしっかりと巻きつけた晒し、下半身は褌一丁という身なりの祭装束の男性。 ...
  • 青い法被に血がにじみ、深い紫の染みが広がった。 ...
  • 青い法被を着たのっぽとデブの男がふたり、元来た方向へ全速力でどたばたと走り去るのを見届けてから、王女は心配そうな顔で倒れた大男を覗き込んだ。 ...
  • 釣竿を持ち、長いゴム手袋に防水エプロンとゴム長靴といった漁港や魚市場を連想させる衣装や、青い法被に半股引で天秤棒にたらいを提げた魚売り姿、赤い振袖姿のイラストが発表され、公募から愛称が選ばれた。 ...
  • そろいの青い法被はっぴねじ鉢巻はちまき ...