雑木山

60 の例文 (0.00 秒)
  • 「そこだすが」 杉木立を越えると、雑木山が谷の方へ崖崩れしていた。 ...
  • しばらくは路がたいらで、右は雑木山ぞうきやま、左は菜の花の見つづけである。 ...
  • 温泉は湧出量が豊富で高温である、雑木山の空へ噴き上げる湯煙の勢よさ。 ...
  • 突撃をかけた国王事の騎馬勢は、雑木山の領主勢が崩れ去ったと見るや、方向を変えた。 ...
  • 雑木山がよい姿と色とを見せてくれる。 ...
  • 鼻の先にはすぐ雑木山ぞうきやまが見えた。 ...
  • 向う一帯の雑木山は、秋まだ浅くして、見る可き色もない。 ...
  • 左手の男山を背にした軍勢、右手の雑木山を背にこちらの増援を阻む形で広がる五千。 ...
  • 私はよく雑木山のなかで、しめじ茸を見つけたことがあった。 ...
  • 近景からいうと緑の雑木山が二つの峰を重ねていた。 ...
  • 沢は中新川なかにいかわ堺の雑木山から乏しい水を搾り集めて細いながれを貢いでいる。 ...
  • 今日は雑木山でおべんたうを開いた、よかつた。 ...
  • 西を見れば、茶褐色にこがれた雑木山の向うに、濃い黛色たいしょくの低い山が横長く出没して居る。 ...
  • 儂が越して来た当座とうざは、まだ田圃向うの雑木山に夜灯よるあかりをとぼして賭博をやったりして居た。 ...
  • 近景の雑木山の急な斜面には赤いツツジが咲いていた。 ...
  • かの田圃をわたり、彼雑木山の一本檜から横に折れて影の消ゆるまで目送もくそうした人も少くはなかった。 ...
  • 向ふ側は半ば葉を落した雑木山だつた。 ...
  • 次へ