隣の納戸

4 の例文 (0.00 秒)
  • そこで何やら調べていたが、しばらくして出てくると、今度は、隣の納戸なんどに向かった。 ...
  • 「おい、治夫よ」 隣の納戸に寝たきりの爺やんが、ふすま越しに妙にはっきりとした声を出した。 ...
  • 今朝、隣の納戸の鏡臺から、お内儀の櫛を持出して、圍ひの中へ投り込んだのもお前さ。 ...
  • 「番頭さん、濟みませんが、この部屋の隣は納戸になつて居るやうだが、戸の隙間から變なものが見えますよ、拾つて來て下さい」 番頭の祿兵衞は默つて隣の納戸へ入りましたが、不氣味さうに手へブラ下げて氣たのは、焦茶色こげちやいろの丈夫な眞田紐。 ...