隠匿行為

5 の例文 (0.00 秒)
  • 毀棄罪の実行行為につき、物質的な損壊に限定する見解を前提とすると、信書隠匿罪は信書の毀棄とは別に隠匿行為も独自に処罰の対象とするための規定であるという説明がなされる。 ...
  • 殺人、過失致死、保護責任者遺棄致死などでの犯人は、犯罪の露見を恐れて死体の遺棄を行うことがあり、これらの犯人が現場において犯跡を隠すために積極的な隠匿行為を行った場合には本罪を構成することになる。 ...
  • 信書の隠匿行為のみ処罰を軽微にするための規定と考える見解もある一方で、「隠匿」を二つの類型に分類し、本罪でいう「隠匿」とは、文書等毀棄罪や器物損壊罪が成立しうる程度の「隠匿」に至らない軽微なものを指すと見解もある。 ...
  • 一般的な毀棄罪の実行行為である「毀棄」「損壊」については、文書又は物一般の効用を害する一切の行為が含まれると理解するのが通説的見解であり、文書又は物一般に対する隠匿行為も「毀棄」や「損壊」の一態様に含まれる。 ...
  • 侵害者の行為に荷担した、何らかの手段で侵害を助長した、もしくは沈黙または不作為による「出し渋り」などのように「隠匿行為」をした場合、侵害請求の主張は禁反言の法理に抵触する。 ...