隠匿米

4 の例文 (0.00 秒)
  • そして隠匿米は公定価格よりもはるかに高額で買ってくれる華僑の闇商人の手元に流れることになる。 ...
  • 今日の供出と同じことで農民は不平であり、大いに隠匿米いんとくまいもやりたいであろうが、今日と違うところは上からの天下り命令が絶対で人民の権利だの官吏横暴などと法規を楯にする手がないから、泣く子と地頭にはかたれないということになって、逃亡とか浮浪ということをやる。 ...
  • 商人の隠匿米いんとくまいの摘発を徹底的におこなうのだ。 ...
  • 今日の供出と同じことで農民は不平であり、大いに隠匿米もやりたいであらうが、今日と違ふところは上からの天下り命令が絶対で人民の権利だの官吏横暴などと法規を楯にする手がないから、泣く子と地頭にはかたれないといふことになつて、逃亡とか浮浪といふことをやる。 ...