隠匿性

7 の例文 (0.00 秒)
  • その隠匿性と能力から、魔術師の間で魔眼は一流の証とされる。 ...
  • 銃器メーカーが製造した銃器に比べ性能は遥かに悪いが、銃に見えない外見であるため隠匿性、携帯性に優れ、主に護身用、犯罪用、暗殺用などに使われている。 ...
  • 一方で、機動力の低い弱点を補うため光学迷彩を有しており、上空・地上の双方で発見されづらい隠匿性を獲得。 ...
  • なお、小銃や機関銃などに類似する形態を有する、いわゆる長物は隠匿性が低く悪用され難かったことから、規制対象にはならなかった。 ...
  • これらの火力は通常の日本軍1個師団が保有する砲兵火力の4倍に達しており、また特筆する点として重榴弾砲や加農といった長射程の重砲ではなく、輸送や操砲が容易で面積が狭い硫黄島での運用に適し、隠匿性に優れる迫撃砲・ロケット砲が集中運用されていることが挙げられる。 ...
  • 硫黄島戦ではその地形上、重砲ではなく迫撃砲・臼砲・噴進砲が集中投入され、新型兵器である四式二〇糎噴進砲などとともにその火力と隠匿性の高さから、栗林忠道大将の小笠原兵団の基幹として敢闘した。 ...