隔靴掻痒

全て 名詞
34 の例文 (0.00 秒)
  • 私は投票もしたし、選挙のニュースも読むが、どこか隔靴掻痒かつかそうようの感がある。 ...
  • 隔靴掻痒そうようの感とでも申しましょうか、胸をかきむしりたいくらいです。 ...
  • しかし、諸般の事情から隔靴掻痒的な鑑定書になったのだと思うのだ。 ...
  • 全世界の記者たちは、一方的な情報に隔靴掻痒そうようの悩みを味わうに違いない。 ...
  • 第三者である通訳を使って会話するなど隔靴掻痒かつかそうよう、一つの言語で直接話をしたい、と大半の人が思っている。 ...
  • 慎重に慎重を重ねての内偵は、おもいきって踏み込めず、隔靴掻痒かつかそうようの感があった。 ...
  • 恋人の抱擁としては文字どおり隔靴掻痒かっかそうようで不満足なものではあったが、熱烈な接触ではあった。 ...
  • 見えそうで見えないもどかしさは、隔靴掻痒かつかそうようどころではない。 ...
  • 「隔靴掻痒」 という言葉も、これに近い意味だろうか? ...
  • あなたの胃腸のわるい原因がやっぱり胃腸から吸収されるものによって癒されるしかないことを思い、まことに隔靴掻痒かっかそうようの感です。 ...
  • 事この時期の日本海軍機動部隊の行動に関する限り、常に隔靴掻痒の感を禁じ得ない。 ...
  • なんというか、五里霧中ごりむちゅうで霧は晴れないが地図だけは見つけたような、隔靴掻痒かっかそうようだがかゆいのは足だとわかったような。
  • 隔靴掻痒とでもいうべきもの。
  • 急ぎの用が出来しましてな、使者の口では隔靴掻痒かっかそうよう
  • 何か隔靴掻痒かつかそうようの感がある。 ...
  • 時には隔靴掻痒かつかそうよう、なにを言っているのかあまりよくわからんこともあるけれど、そんなときでも自分なりに適当な論理を組み立てて読み進む。 ...
  • 真相を探るには不気味なものがつきまとうようで、祐美は隔靴掻痒かくかそうようの思いを抱きつつ自分の家族を見守っていた。 ...
  • 次へ