陶冶する

17 の例文 (0.02 秒)
  • 運命が庶民の間の・自然の・規則の下で、彼らを陶冶するに委せなさい。 ...
  • 学校ではいく十百人の生徒を同じように教育するものだから一々一人一人の品性を陶冶とうやする力はない。 ...
  • 国際社会に貢献できるリーダーとなるために必要な学業を修め、人格を陶冶する。 ...
  • これに加え、学部学生は上述の書院のいずれかにも所属し共同生活を送ることで、人格を陶冶することが期待されている。 ...
  • 晶子は「女性が自分で自己鍛錬・自己修養し、人格陶冶すること」を説いた。 ...
  • デカルトは、数学を計算の技術と見る眼から、数学を「精神を陶冶する学問」と解する大きな精神の眼に飛び移る。 ...
  • 今委しくここに触れることは私の力にも及ばないことであるが、運動全体が非常に急速に高まり、非常に急速に退いたことは、上述の集団生活が人間性をより強固なものに陶冶する為に必要な条件と時間とを与えなかったように見える。 ...
  • ヘーゲルは、特殊的欲求が我が物顔に支配するかに見える市場というものでも、実は個人を陶冶する役割を担う側面を持つものであること、さらに市場自身が幾世代にもわたる陶冶の産物であることを指摘する。 ...
  • 儒者は人間の心魂を究明し、これを陶冶することによって、政治の姿勢を正し、ついには道義的世界をこの世に実現することを目的としている。 ...
  • エピクテトスは、このような能力をそなえた人間は、自分の能力を気ままに行使するのではなく、自己について配慮し、陶冶することが必要であると考えた。 ...
  • しかし、共産主義イデオロギーに陶冶することなく入党させることはさらに党内対立を招いた。 ...
  • 倫理学は倫理的価値という一つの感情上の事実を単に主張するだけだ、社会科学的道徳理論は、倫理的価値感を現実的に陶冶する。 ...
  • 聖書に依るキリスト教の精神に基づき、神を愛し人を愛し土を愛す豊かな人格を陶冶することにより、自らの存在価値を見出し、真に平和な世界の形成者として愛と奉仕に生きる有為な人物を育成する。 ...
  • 「人間性を尊び、自由と自治を重んずる校風のうちに、知性と体位を向上させ、品位を陶冶すること」としていた。 ...
  • 当時の陽明学は日本国民の精神修養の一環として、死生を逸脱した純粋な心情と行動力とを陶冶する実践倫理として説かれる部分が大きかった。 ...
  • 松阪大学の初代学長となった梅村淸明は、学校法人梅村学園の建学の精神に則り「学術の場では学術の研鑽とともにジェントルマンシップ、レディシップを醸成陶冶する」と述べ、体得すべき4項目を列挙しており、これが教育理念となっていた。 ...