陳外郎

6 の例文 (0.00 秒)
  • しかしてその陳外郎なる者は、明人とはいえほとんど本邦人と同様で、連歌の会にまで出席したほどの日本通である。 ...
  • 京都の公家日記の一つである『吉田家日次記』には1402年に陳外郎が京都にあって医事に従事したとする記録がある。 ...
  • さればこの陳外郎と交際したからとて、これをもって外人との交際と見なすべきものであるか否かは考えものであるが、この人ばかりではなく、来朝の唐人で禅僧の紹介を持ち実隆に面会を求めた宋素卿のごときもあった。 ...
  • 霊宝丹の薬方を日本に持ち込んだ陳外郎を登用し、外交を任せるようになったのも舶来薬種の確保が目的といえる。 ...
  • その原因が、応永の外寇にあると知った希璟は、陳外郎や禅僧らを介して、外寇の原因は倭寇にあることを力説し、義持の理解を得るに至った。 ...