阿漕焼

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • その後、明治維新を迎えると藩の援助は一切打ち切られたため、富裕な商人らが共同で阿漕焼を支えていく。 ...
  • それでも阿漕焼を惜しむ声が多く、明治34年には阿漕焼製陶会社を設立した。 ...
  • 当初は厳しい経営が続いていたが、戦後になって日用雑器から付加価値の高い茶器に対象を転換し、漸く阿漕焼は再興を果たすことになる。 ...
  • その後も有力な実業家や職人が再興を図るも、機械化の影響もあって、少量生産の阿漕焼は興廃を繰り返すだけであった。 ...
  • 阿漕焼の元祖は、萬古焼の元祖、沼波弄山の弟子であった沼波瑞牙であるとされる。 ...
  • その後、窯場は城下近くの馬場屋敷で焼かれるようになり、この頃から阿漕浦に因んで、阿漕焼と名乗るようになり、藩の御用窯として重宝、主に日用雑器が焼かれた。 ...
  • 阿漕焼は三重県津市で焼かれる陶器。 ...