阿漕な商売

12 の例文 (0.00 秒)
  • そうすれば、だれもあんなあこぎな商売やってるとこなんか行かなくなる!
  • 法に触れるようなあこぎな商売はしてないし、向こうも人畜無害だと踏んだんでしょう。
  • ああした阿漕あこぎな商売をしていた店の主人が、いまだに防止法の打撃から立ちなおれずにいるほど殊勝な人間だとは、なんとしても考えにくいからである。 ...
  • これまでずいぶん阿漕あこぎな商売をしてきたが、他人の家に泥棒まがいに忍び込んだことはない。 ...
  • 中学生相手に阿漕あこぎな商売しやがって、何考えてんだ。 ...
  • 長崎屋は阿漕あこぎな商売をして罰が当ったんだ。
  • 阿漕あこぎな商売をやってるそうですから、怨んでる人も少くないでしょうしねえ」 というお吉の言葉に、なんとなくうなずいている。 ...
  • 人の弱みにつけ込むようなあこぎな商売しやがって。 ...
  • 「強盗松」と仇名あだなされるほど阿漕あこぎな商売をやっていたから警察の捜査は、老女の債務者に振り向けられ、まちがっても相楽の方には向いて来ないだろう。 ...
  • また、とんちを使って阿漕な商売をしたり、権力者を懲らしめたりするケースはあまり見られず、時には失敗して赤っ恥を掻いたり、民衆に笑いを振りまいたりと、決して英雄ではない彼の姿が描かれており、それが広く愛されている人物像を作り出している。 ...
  • しかし、東京湾汽船は、老朽船を回し、高い船賃を設定するなど、僻地の独占航路にあぐらをかいた阿漕な商売をしていたことから、利用客にはすこぶる不評だった。 ...