間代発作

29 の例文 (0.00 秒)
  • 部分発作が発展して二次的に全般化して強直間代発作を示すこともある。 ...
  • 部分発作が発展して二次的に全般化し、強直間代発作を示すこともある。 ...
  • 発作型は部分発作あるいは部分発作の全般化による直間代発作が多い。 ...
  • 部分発作から二次的に全般化した発作であり、主に「強直間代発作」がある。 ...
  • 二次性全般化発作は部分発作から二次的に全般化した発作であり、主に現れる発作は強直間代発作である。 ...
  • 間代発作はミオクロニーけいれんが律動的に反復するものである。 ...
  • 部分発作はさらに意識が障害されない単純部分発作と意識障害がある複雑部分発作、さらに部分発作から全般性強直間代発作に進展する二次性全般化の3種類に分類される。 ...
  • 強直間代発作にて特発性全般性てんかんによるものと症候性全般性てんかんによるものとがある。 ...
  • 従来は部分発作の二次性全般化による発作も強直間代発作とし、部分発作の症状を前兆として扱っていたが、国際分類では二次性全般化はあくまで部分発作として扱い、最初から全般性にはじまる強直間代発作と区別している。 ...
  • エトスクシミドは欠神発作にのみ効果的で、 バルプロ酸 は他の発作、たとえば強直間代発作や部分発作にも有効なので、複数のタイプの発作がある患者には有効である。 ...
  • 最も頻繁に起きる発作型は強直間代発作であり、夜間に多い。 ...
  • 従来は部分発作の二次性全般化による発作も強直間代発作とし、部分発作の症状を前兆として扱っていたが、国際分類では、二次性全般化はあくまで部分発作として扱い、最初から全般性にはじまる強直間代発作と区別している。 ...
  • 日本では「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作および強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法」として2016年3月28日に承認された。 ...
  • 二次性全般化発作は単純部分発作から強直間代発作が起こる場合、複雑部分発作から強直間代発作が起こる場合、単純部分発作から複雑部分発作を経て強直間代発作となる場合の3パターンが考えられる。 ...
  • ミオクロニー発作はミオクロニーけいれんと間代発作に分けられる。 ...
  • てんかん発作の内で強直間代発作や部分発作のみに有効であり、欠神発作、脱力発作、West症候群に対してはまったく効果がない。 ...
  • 二次性全般化発作は、単純部分発作から強直間代発作、複雑部分発作から強直間代発作、単純部分発作から複雑部分発作を経て強直間代発作、の3つが考えられる。 ...
  • 次へ