開眼供養

143 の例文 (0.02 秒)
  • 東大寺の大仏開眼供養の時には他の諸芸能とともに大規模に上演された。 ...
  • そのため工事は未完のまま大仏の開眼供養の日を迎えることになる。 ...
  • 開眼供養の際には、織田信長居住以来の盛儀だったと伝えられている。 ...
  • こうして開眼供養を果たしたものの、これで復興計画が完了したわけではない。 ...
  • 少なくとも開眼供養の時には、踏歌とうかの類はじかに庭の上で演ぜられたのである。 ...
  • 大正15年に完成し、5月に開眼供養を行ったものと推定される。 ...
  • ところが、開眼供養直前になって急遽法皇が筆に執ることとなった。
  • そこで鞍馬山に毘沙門天像を造顕して開眼供養し、剣を納めたとある。 ...
  • 慶長19年には梵鐘が完成し、徳川家康の承認を得て、開眼供養の日を待つばかりとなった。 ...
  • 行基は建った時には死んでおりますから、開眼供養には臨まなかったのですが、これも開山に加えられている。 ...
  • 実際の造像は天平17年から準備が開始され、天平勝宝4年に開眼供養会が実施された。 ...
  • 大仏の修復は、1691年に完成し、翌年に開眼供養が行われた。 ...
  • 開眼供養には名古屋および地元の実業家600人、各宗の僧侶300人を招待。
  • 菩提僊那は752年に東大寺の大仏の開眼供養会の導師をつとめたことで知られる。 ...
  • その年の夏、蓮の花の盛りに、女三宮の持仏の開眼供養が営まれた。 ...
  • 仏教への関心が強く浄眼寺の開基のほか、了庵桂悟を招いての開眼供養なども行っている。 ...
  • 大仏は開眼供養を待つのみとなっていたが、慶長伏見地震であっけなく損壊してしまった。 ...
  • 奈良時代に聖武天皇の発願で造立され、天平勝宝4年に開眼供養が行われた。 ...
  • このとき開眼の筆をとって導師をつとめたのが菩提僊那であり、この筆は正倉院に保存され、後に大破した大仏が復興された際の開眼供養にも使用されることになる。 ...
  • 東大寺の大仏の開眼供養を行った菩提僊那が中国を経由して渡来したり、高岳親王のように、日本からインドへ渡航することを試みたりした者もいたが、数は少なく、情報は非常に限られていた。 ...
  • 仁王門は享保6年に建立され、同十三年に仁王像が安置され開眼供養が行われた。 ...
  • 現存する大仏の頭部は元禄3年に鋳造されたもので、元禄5年に開眼供養が行われている。 ...
  • 仮復旧の状態であった仏頭の補鋳などを行って、元禄5年に大仏の開眼供養が行われた。 ...
  • 大仏の開眼供養の大法会に殊更に作った太平楽というものもいま宮中に残っている。 ...
  • さらに天平勝宝4年に行われた東大寺大仏開眼供養会の出席者に市原王の名が見えない。 ...
  • この儀式を開眼供養という。 ...
  • その後の工程・大仏殿建立等を経て、天平勝宝4年4月9日に開眼供養に至っている。 ...
  • 開眼供養前なので、ただの木像にすぎないと言えなくもないが、大仏に対しこのような不遜な態度を取った原因について、秀吉は大仏を信仰の対象としてではなく、自らの権力を誇示するための道具としか見なしていなかったためとする説もある。 ...
  • 次のページ

開眼供養の使われ方