門扉

1,035 の例文 (0.01 秒)
  • 門扉もんぴを鼻で押して内部なかに入ると、台所で主人の興奮した声がしていた。
  • 向かいの家の門扉のところから、中年の女がこちらの様子をうかがっていた。 ...
  • 駐車場の出入口には一応鉄の門扉ゲートがあるが、かぎがかけてあるわけではない。 ...
  • 前述したように、この揚錨機は門扉や内扉の上げ下ろしにも使用された。 ...
  • 夜の九時過ぎに梶は友人と一緒に門扉もんぴのボタンを押して女中に中へ案内された。 ...
  • そして鋼鉄製の大きな門扉もんぴが一つだけあり、しっかりと締められていた。 ...
  • わずかに力をかけると、重々しい門扉がゆっくりと奥へ開いていった。 ...
  • 坂のふもとにある校門のかぎは開けてあって、門扉もんぴも内側に開いていた。 ...
  • 彼は両手で万歳をしたまま、静々と左右に押し開かれる門扉を見つめた。 ...
  • 門扉もんぴは左右からきっちり閉じられ、内部をうかがい知ることはできない。 ...
  • にもかかわらず、門扉も見当たらなければ、土塁から顔を出す者もない。 ...
  • その側には太い金属パイプを溶接した門扉らしきものまで転がっていた。 ...
  • この家の主人に呼ばれてきたむねを答えると、門扉もんぴが開いて黄文攸があらわれた。 ...
  • 彼は門扉の陰にかくれて、私がとおりすぎるのを待っていたのだった。 ...
  • 昔はそこに細い門扉をつけて、敵が来た時に備えていたのだ。 ...
  • 聞き慣れた鉄パイプの門扉の音が、ごくかすかだがしたようだった。 ...
  • 門扉の高さは六尺ぐらいだから竹竿を利用すれば軽々と跳び越えられる。 ...
  • 中から門扉もんぴを開けて、それから歩いて家の前まで来るのにどれくらいかかっただろう。 ...
  • 如水と平太夫は、三間四方もあるかと思われる巨大な門扉の前に立った。 ...
  • 回廊の東中央と北東に門扉跡があり、失われた西側も同様であったと考えられる。 ...
  • 高さ三メートルほどもある大きな門扉が、きしみもせずに開いてゆく。 ...
  • 門扉もんびの開くのを待つあいだ、馬車は徐行じよこうしなければならないという。 ...
  • 門の構造は令乾門を例に取ると、門扉の高さは四十丈以上、幅二百歩以上。 ...
  • 二人はマンションの門と向き合った家の門扉もんぴをそっとあけ、中に身を潜めた。 ...
  • 道へ出ると丁寧に黒い鉄の門扉をとじ、思い切りよく大股おおまたで歩きだした。 ...
  • 「瑤子」 隣りの家へ聞こえてもかまわぬ気で名を呼び、門扉をあけた。 ...
  • 本級の最大の特徴が、従来の米LSTが踏襲してきた艦首門扉の廃止である。
  • 門扉から玄関までの五メートルには大谷石が張ってあり、奥に屋敷が暗く沈んでいた。 ...
  • 次のページ