長閑斎

30 の例文 (0.00 秒)
  • 伊勢守は、長閑斎の行動によってはじめてあれが影武者であることを知ったのではない。 ...
  • 光春の叔父で明智光廉入道長閑斎みつかどにゅうどうちょうかんさいという、あの面白いひとであった。
  • 長閑斎は、さきに甥の光春を介錯かいしゃくした光春所持の刀を帯していた。 ...
  • 「拙者はお館様の命を受けて、よい話を持って参りました」 長閑斎は最初からにこにこ顔で云った。 ...
  • 勝頼は長閑斎からこの報告を受けると、厭な顔をした。 ...
  • また俗伝では、明智光秀の叔父とされる明智光廉が三宅長閑斎と名乗ったとも言われる。 ...
  • 長閑斎はついに顔を上げなかった。 ...
  • 光春は、それを皆、叔父の長閑斎に頼んで、騒ぎ乱れぬように、本丸の広い一間に寄せ集めさせたのである。 ...
  • 数日後に、勝資は秘かに長閑斎を呼んでなにかを打ち合わせた後で、勝頼の前に伺候して云った。 ...
  • なるべく口をきかぬように、とはくれぐれも長閑斎からいいふくめられていたことであったが、沈黙していると、じぶんの正体がばれるような恐れにとらわれた。 ...
  • 夫人や侍女こしもと乳人めのとたちは、さすがに、折々面をそむけて、そっと涙をふいていたが、長閑斎のことばを聞くと、涙の中でも、ふと笑ってしまうことがままある程であった。 ...
  • 永禄4年の川中島の戦いでは嫡男・今福虎孝が従軍しているため、この頃に長閑斎は隠居していると考えられている。 ...
  • しかし長閑斎には影武者がいかにも病んでいるような声にきこえて、伊勢守になんの不審の表情もみられないのと思いあわせ、心中やや安堵あんどの息をついている。
  • 「長閑斎どの、あのような場合は、人を呼ぶより、まず御主君のおそばにはせよらるるもの」 寝所の入口に、長坂長閑斎はぽかんと口をあけていた。 ...
  • 老人としては、叔父の長閑斎光廉ちょうかんさいみつかどがいる。 ...
  • その信廉に反駁はんばくした長坂長閑斎の発言を、かねてから長閑斎を嫌っている穴山信君が満座の中で否定した。 ...
  • 長閑斎がまず質問した。 ...
  • 次へ