長閑な空気

5 の例文 (0.00 秒)
  • ベルリンの殺伐さつばつとした雰囲気ふんいきとは異なり、湖畔こはんの街の長閑のどかな空気を感じる。
  • 今日の常識から見れば、決して驚くほどの変化ではないが、たまたまもって十八世紀末のイギリスの宮廷の長閑のどかな空気がしのばれて面白い。 ...
  • すぐ近くで戦争が起こっているとは信じられない、あまりにも長閑のどかな空気に、ディアナはふと、このままなにもかも捨てて、ひとりの女として生きる自分を夢想してみた。 ...
  • 初春はつはる長閑のどかな空気を無遠慮に震動させて、枝を鳴らさぬ君が御代みよおおい俗了ぞくりょうしてしまう。 ...
  • 日曜の午後の長閑のどかな空気の中に、金属バットでボールを打つ堅い音が散発的に響いている。 ...