長閑な春の日

8 の例文 (0.00 秒)
  • 須雲川すくもがはきしると、唐風からふうもん白壁しらかべへいとに長閑のどかはるがぢつとしてゐた。 ...
  • 風の少しもない、長閑のどかな春の日であった。 ...
  • これはもとより北東の日本半分においては、味わいあたわざる経験であったが、花の林を逍遥して花を待つ心持、または微風に面して落花の行くえを思うような境涯は、昨日も今日も一つ調子の、長閑のどかな春の日の久しく続く国に住む人だけには、十分に感じえられた。 ...
  • が、その人達を招いた彼だけは、たゞ一人怏々おうおうたる心をいだいて、長閑のどかな春の日に、悪魔のような考えを、考えている。 ...
  • さながらに井戸の中へ落込んだような長閑のどかな春の日が涯てしもなく続き初めたので、流石さすがに無頓着の平馬も少々閉口したらしい。 ...
  • 日曜の午後二時、男爵邸の小客間サロンに集った青年達は、男爵を中心に、無駄話の花を咲かせて、長閑のどかな春の日の午後を過して居ります。 ...
  • この一首は、この長閑のどかな春の日ですら、お前は田に働いて疲れる、妻のいない一人ぽっちの、お前は田に働いて疲れる、というので、民謡でも労働歌というのに類し、旋頭歌だから、上の句と、下の句とどちらから歌ってもかまわないのである。 ...