長閑な日和

6 の例文 (0.00 秒)
  • 加けに梅の花びらが長閑な日和のなかで、はらはらと散り滾れたりしてゐるので、その光景がひどく芝居風に悲しく綺麗に私の眼に映つた。
  • 陽気な長閑のどかな日和の時には、晴々と子供らしく、見る者の心まで和らげる彼等は、しんだ日に猶々心を沈ませるような姿を見せる。 ...
  • 菜の花も咲きかけ、麦の青みもしげりかけてきた、この頃の天気続き、毎日長閑のどか日和ひよりである。 ...
  • この句の咏嘆しているものは、時間の遠い彼岸ひがんにおける、心の故郷に対する追懐であり、春の長閑のどか日和ひよりの中で、夢見心地に聴く子守唄こもりうたの思い出である。 ...
  • 空は晴れ、海はぎ、大変長閑のどか日和ひよりである。 ...