長閑な日

17 の例文 (0.00 秒)
  • あるとしはる長閑のどかのこと、はなしたにあめりが屋台やたいろしていました。 ...
  • そんな長閑のどかな日には、庭の梅のうぐいすが来てくような気持もした。 ...
  • それは春の春らしい長閑のどかな日の午前だった。 ...
  • 風のない長閑のどかな日であった。 ...
  • が、うつつなの光景ありさまは、長閑のどか日中ひなかの、それが極度であった。
  • 春の長閑のどかな日で、垣根の内には梅が咲いていた。 ...
  • たとえば、その書簡てがみふうを開くと、その中からは意外な悲しいことやわずらわしいことが現われようとも、それは第二段の事で、差当っては長閑のどかな日に友人の手紙、それが心境に投げられた恵光けいこうで無いことは無い。 ...
  • 珍らしい小春日和で、縁側には、畳の上まで長閑のどかな日が、ぽかぽかと差し込んでいる。 ...
  • ことにその日は二月下旬の長閑のどかな日で、新橋を出ると、もうすぐに汽車の窓から春の海が広々とながめられます。 ...
  • 二月の末から三月へかけて、暖い日には宿の玻璃ガラス戸の外を、海の方から來る鴎の群が、雪白の翼をひるがへして飛ぶ長閑な日もあつたが、終日その玻璃戸をがたがた鳴らして吹く風の日も多かつた。 ...
  • ことにその日は三月下旬の長閑のどかな日で、新橋を出ると、もうすぐに汽車の窓から春の海が広々とながめられます。 ...
  • 故原博士は此のバースに滯在中のセイス老先生を訪ねられたと言ふことであるが、心ゆく友と長閑な日を悠々と此處に暮して、羅馬の遺物を訪ひ、靈泉に浴したならば、之に越したる好い土地は英國でも少からう。 ...
  • うらうらと霞む長閑のどかな日の下に、水に浸してざぶざぶと洗う、その絹の紅が日にえてまばゆいような感じがする、という趣を詠じたものと思われる。 ...
  • そのとき、たしか、永井龍男君と井伏鱒二君と堀辰雄君と小林秀雄君とに私は誘はれて、恰度うらうらとするこのごろのやうな長閑な日の夕暮時に銀座の方から、須田町の万惣にあつまつた。 ...
  • 高等学校時代の、バラが咲き揃い、クローバーが萌え出た中に仰向けに寝て、青空の雲行きをあかずにながめた長閑な日を思います。
  • 長閑のどかな日が続き、手稲連峰の雪が解けてしまうころ、梅、桃、ライラック、タンポポが待ち焦がれていたように、いっせいに花を開いた。 ...