長閑な心持

5 の例文 (0.00 秒)
  • 私共は珍らしく理も非もなく長閑のどかな心持になって虫のお引越を話し合った。 ...
  • それから親分銭形平次の家まで、どんなに長閑のどかな心持で辿たどったことでしょう。 ...
  • 今も長閑のどかな心持であたりの様子を眺めているうちに、禰宜様宮田の心は、次第に厚みのある快さで一杯になって来るのを感じた。 ...
  • ようやく生き残って東京に帰った余は、病に因ってわずかにけえたこの長閑のどかな心持を早くも失わんとしつつある。 ...
  • 二円五十銭の月賦で、この間拵えた雨合羽あまがっぱの代を、月々洋服屋に払っている夫も、あまり長閑のどかな心持になれようはずがなかった。 ...