長閑

70 の例文 (0.01 秒)
  • 少くともこの男の態度や顔には、そうとしか思われない長閑のどかさがあった。 ...
  • そうして健康の時にはとても望めない長閑のどかな春がその間からいて出る。 ...
  • 長閑な空には一羽の鳶が諧調的な叫びを挙げながら大輪を描いてゐた。 ...
  • そして別の日に、私は同じ公園の古さと広さと長閑さと人情とがわかった。 ...
  • ただ問題は、現場より手前の海面に、赤い旗が長閑のどかかんでいることだ。 ...
  • 春が来るのは遅かったが、春になると鳥の声が長閑かであった。 ...
  • 長閑のどかで豊かな風景を見て、天皇陛下はきっと満足するにちがいない。 ...
  • あるとしはる長閑のどかのこと、はなしたにあめりが屋台やたいろしていました。 ...
  • 駅東側の大室地区は斜面林が中心の長閑な地域であり、住宅が点在する。 ...
  • その長閑のどかなひびきに遥子の緊張がすこしけ、ほっとした気分になった。 ...
  • そんな長閑のどかな日には、庭の梅のうぐいすが来てくような気持もした。 ...
  • ベルリンの殺伐さつばつとした雰囲気ふんいきとは異なり、湖畔こはんの街の長閑のどかな空気を感じる。
  • 評定所が阿片事件に追われる一方で、御内原は長閑のどかな光景が広がっていた。 ...
  • 白柳が枝をたれて、陽春の長閑かな水が、橋の下をいういうと流れてゐる。 ...
  • 長閑でユートピアのような過去を掴み直そうとした反動家だと見る者もいる。 ...
  • 天氣の好い日には崖上から眠りを誘ふやうな物賣りの聲が長閑のどかに聞えて來た。 ...
  • いはば荒涼とした眺めであつたが、それにも拘らず田舎はいつも長閑のどかなものだ。 ...
  • ここにも緊張の後に来る弛緩の長閑のどかさがあるようである。
  • 若い娘や子供などが田舎風に着飾って歩いているのも、土地に調和した長閑さであった。 ...
  • 妙に皆の心の中に負けおしみのようなこだわりがあって、長閑のどかなところが少ない。 ...
  • ここにだけは、戦争の風も吹き込んで来ないかのような、朝鮮らしい長閑のどかさである。 ...
  • おれはこのような長閑な暮らしははじめて知った。 ...
  • でもそこから感じる長閑のどかな感じは微塵みじんもなく、切迫した緊張感がある。 ...
  • 長閑のどかなるべき田園風景にはちょっと不似合いな、物騒極まる光景だった。 ...
  • ブリッジから眺めたペルセウスは長閑のどかなリゾート島の姿をしていた。 ...
  • その妙に静かに取りすましているアパートの長閑のどかさが、私にはいっそう恐ろしいように思えたのだ。 ...
  • 「人形箱なら心配せんでもよい」 と、姉小路卿は長閑のどかそうに云った。 ...
  • それがみんなそぞろ歩きでもするように、長閑のどかに履物はきものの音を響かして行った。 ...
  • 次のページ