長い口吻

26 の例文 (0.00 秒)
  • 両種とも、アカボウクジラ科の中でも比較的長い口吻を有する。 ...
  • 男がかぶっている狐面は、長い口吻が木で表現されていて、口はある程度開閉できるしくみになっている。 ...
  • 後のレプティクティディウムのようにジネズミ様の長い口吻と長い歯、小さな脳と大きな眼球を持った動物である。 ...
  • 特にこの属の一種ア・セスキペダレはとても長い距を持ち、ダーウィンがそこからそれに対応する長い口吻を持つガの存在を予言したことで知られる。 ...
  • 成虫の体は前後に細長い筒型で、頑丈な脚、長い口吻、発達した翅などが特徴である。 ...
  • 花の色は白や黄色が多くて闇夜に浮き上がって見え、長い口吻を花の奥に引き込んで効果的に頭部に花粉をつけられるように、長い花筒や距が発達している。 ...
  • この時期に、スンクスでは急激に口吻が伸長し、トガリネズミ科の動物に特徴的な長い口吻が一日のうちに成立してしまう。 ...
  • カラスウリの花筒は非常に長く、スズメガ級の長い口吻を持ったガでなければ花の奥の蜜には到達することはできず、結果として送粉できないためである。 ...
  • 巨大な耳と長い口吻を備えた顔は象っぽくもあるが、後ろに続く胴体は饅頭まんじゅうのように扁平へんぺいな円形で、それを支えるのは二十本はあろうかという鉤爪かぎつめのついたあしだ。 ...
  • また同じコオイムシ科のコオイムシはタガメに比べはるかに小型で、タガメと異なり巻貝を食べることから体長に比してかなり長い口吻を持つ点・成虫になっても前脚の爪が2本ある点から区別できる。 ...
  • 長い口吻や歯は、獲物に噛みつき切り裂くことに適している。 ...
  • エビガラスズメのように長い口吻を持つ種では、蛹からも長大な口吻の折り返された突起が突出している。 ...
  • そのため、頭部を短く復元すればティラノサウルス型の恐竜の頭部にも見え、長い口吻を復元すれば、モササウルス類のような海棲爬虫類にも見えた。 ...
  • 通常は蜜腺の近くに細い管もしくは距で隠された簡単な蜜標が花にあり、チョウは長い口吻で蜜を吸い取る。 ...
  • 口器は左右非対称のパーツが円錐状に組み合わさっていて吸汁用に特殊化しており、いずれも穴を開け内容物を吸い取る摂食法を行うが、縁の近いカメムシ目のように長い口吻を持たないため、餌生物の体の深部から食物をとることはできない。 ...
  • アブラムシやキジラミなど腹吻群の昆虫は、基本的に長い口吻を植物組織に深く差し込んで、あまり動かずに篩管液などの食物を継続摂取する生活をし、しばしば生活史の一時期や生涯を通じて、ほとんど動かない生活をする種が知られる。 ...
  • 耳というよりはエラなのだろうヒラヒラが丸っこい顔の両脇に広がり、下部からは肢と同じくらい長い口吻こうふんがにょろりと垂れ下がる。 ...
  • 次へ