鎌倉四十七士

4 の例文 (0.00 秒)
  • 私は、鎌倉四十七士が、いささか義に勇みすぎる風情があるのを怖れるのである。 ...
  • 鎌倉四十七士が義に勇み、仇討ちにでかけることはないなア。 ...
  • 鎌倉四十七士ぐらいのヘナヘナ腰では、危いですぞ。 ...
  • 鎌倉四十七士ごとき、とうてい敵ではない。 ...