鉄道黎明期

9 の例文 (0.00 秒)
  • 日本における鉄道黎明期において、鉄道の敷設は必ずしも歓迎されるものではなかった。 ...
  • この犬釘は鉄道黎明期から使われていたものであるが、列車の振動により緩みやすく緩んだものを再度打ち直しても以前と同じ固定力を発揮できないなどの問題もあった。 ...
  • また、ホーム上屋の一部は鉄道黎明期に使用されていた双頭レールを利用して造られており、当駅の歴史を物語っている。 ...
  • 鉄道黎明期においては繁華街や既成の市街地などでは鉄道に対する反対運動が激しく、内藤新宿に駅を設置できなかった。 ...
  • 市街地の堂島により近い場所に大阪駅を建設する計画もあったが、鉄道黎明期の当時は市街地での鉄道建設への反対運動が根強く、また神戸方面からの線路を京都方面へ直通できるように延伸することを考えて、現在の梅田周辺に建設された。 ...
  • 日本における鉄道黎明期であった1800年代末、京都府第二の都市で日本海側では有数の都市であった舞鶴への鉄道敷設が急務となった。 ...
  • 名古屋から尾張地方西部へ鉄道を敷設しようとする運動は鉄道黎明期から存在し、名古屋から津島を経て桑名に至る「尾勢電気鉄道」計画が1889年6月に出願されているが、当時の電気鉄道の技術は未成熟で、実現は困難であるとして却下されている。 ...
  • 江戸時代より西宮神社の門前町、西国街道・中国街道の宿場町、そして貿易港・漁港として栄えた西宮は人口も多かったため、鉄道黎明期より駅が置かれたが、東海道本線が阪神間を直線で結ぶルートを取ったために、駅は開業時市街地から離れた農村の中にあった。 ...