量目

全て 名詞
285 の例文 (0.01 秒)
  • そのため量目の単位としての匁は江戸時代を通じて均質性が維持されている。 ...
  • これは鋳銭利益が上がらず、途中から量目を縮小したためと言われる。 ...
  • 量目は後の長大判と同じであるがサイズは一回り小さい楕円形である。 ...
  • ただし、正確には銀の量目を元にして物価を決定したため、銀目遣いとも称された。 ...
  • この規定量目は京目一両すなわち四匁四分を基に以下のように導かれたものであるとされる。 ...
  • 量目は円歩金同様に1匁2分程度、金品位も五十二匁二分位程度とみられる。 ...
  • 量目が三匁六分、品位は洋銀の八九・三よりも低い八四・七である。 ...
  • さらに、この七銭二分は日本の七匁二分に相当し、額面ではなく量目を表すものであった。 ...
  • 額面は記載されておらず、量目によって貨幣価値が決まる秤量貨幣である。 ...
  • 第九条〜第十一条は貨幣の品位および量目の公差に関する規定である。 ...
  • また貿易取引専用に香港の一圓銀貨と同じ量目、品位の貿易一圓銀が発行された。 ...
  • 水へ漬けておくと自然と肉へ水分を含んで量目めかたふえるし容積かさも大きくなります。 ...
  • 小判の規定量目は四匁七分六厘であり、一分判は一匁一分九厘である。 ...
  • それに注意しておくが、アメリカのガロンと英国のガロンでは、量目に違いがある。 ...
  • 近代の硬貨の量目の単位としても用いられた。 ...
  • 貨幣の量目や材質は、本位貨幣制度の下では法令で定められていた。 ...
  • 小判の規定量目は二匁五分であり、一分判は六分二厘五毛である。 ...
  • 次へ