重複上場

全て 名詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • また、取引が少ないなどの理由により重複上場を廃止する企業も多い。 ...
  • また、東京と名古屋、中国の上海と香港など、「重複上場」の場合もある。 ...
  • 東証とジャスダックへの重複上場は、日本駐車場開発に次いで2例目となる。
  • ただし、大阪証券取引所の株式市場においては、株式の電子化が進んだ結果、東京証券取引所との重複上場銘柄の多くは東証での取引が中心となり、大証では出来高が少なかったり、一日の取引が成立しないこともあった。 ...
  • 信用取引に関しては、他の証券取引所に重複上場している銘柄で、かつ他の証券取引所では上場廃止基準に該当しない場合や、TOKYO PRO Marketから他の市場へ市場変更する場合は、東京証券取引所による上場廃止決定後も継続して行うことができる。 ...
  • 業態転換後は、他の証券取引所との重複上場されるケースも増えたが、東証に上場するとその銘柄の売買はほとんど東証で行われたため、上場維持費用の削減の意味合いもあり、暫くしてJASDAQ上場廃止の選択をする企業が多かった。 ...
  • このため、日本全国を商圏とする大手企業が東証との重複上場のコストを嫌って東証へ一本化する流れが加速し、有名企業が名証から撤退する事例が相次いでいる。 ...
  • とりわけ、情報化社会のもと取引が東証に一極集中する中で、地方証券取引所へ重複上場する意義が薄れ、コストや事務負担の軽減のために重複上場を廃止する事例が多数発生している。 ...
  • しかし2013年7月16日、東京証券取引所・大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、重複上場は解消された。 ...
  • 東京証券取引所第一部と札幌証券取引所に重複上場している。 ...