部員外郎

24 の例文 (0.00 秒)
  • 累進して礼部員外郎・知制誥、至道元年には翰林学士・知審官院となる。 ...
  • 数年後に楊炎の政敵の盧杞の失脚により都に戻り、礼部員外郎となる。 ...
  • そして、徽宗の側近に仕えて書画の鑑定にあたり、のちに礼部員外郎に抜擢された。 ...
  • 楊素や牛弘らに才能を愛され、礼部員外郎に任ぜられた。 ...
  • 知処州に返り咲いた時、税法の弊害を除くために義役の法を改めたことで認められ、礼部員外郎に崇政殿学士を兼ねた。 ...
  • 孫の劉爽は、進士に及第して、後に祠部員外郎・秘閣校理となった。 ...
  • 再び剣南節度使としてもどって来るに及び、武の上奏によって杜甫は剣南節度参謀・検校工部員外郎の官を得た。 ...
  • 徽宗の代に召されて吏部外郎・礼部員外郎中・国子編修実録検討官を拝命する。 ...
  • 帰国後は、清朝において法科進士となり、法部員外郎、大理院推事を歴任した。 ...
  • 工部員外郎を務めていた1865年に挙人となった。 ...
  • 任顥は、中国の宋朝で工部員外郎、吏部尚書を務めた後に高麗に帰化して長興に定着した。 ...
  • 蘇州呉県の人で、薬を調達する礼部員外郎となった。 ...
  • 貞元3年、入朝して太常博士・礼部員外郎に任じられた。 ...
  • は唐尚書省郎官石柱を基に、宣宗の大中6年以降に金部員外郎に任ぜられ、僖宗乾符元年以前に庫部員外郎へ、それより更に屯田員外郎へと転じてこれが極官となり、乾符の末に少なくも60を越した享年で卒したものと考証している。 ...
  • 咸豊4年に工部員外郎、翌咸豊5年には郎中に昇進。 ...
  • 進士に及第して祠部員外郎・知制誥となり、昭宗の天祐元年、朱全忠が天子に強要して洛陽へ遷都したとき随行したが、世の乱れを知って辞職し、上党に長寓した。 ...
  • 睿宗の景雲2年、進士に及第し、張説に認められて駕部員外郎に任ぜられたが、説の失脚とともに汝州刺史として都を追われ、次いで仙州別駕に左遷されたうえ、素行が治まらぬと弾劾され、道州司馬に流されて死去。 ...
  • 次へ