部分発作

71 の例文 (0.00 秒)
  • 部分発作が発展して二次的に全般化して強直間代発作を示すこともある。 ...
  • 発射が辺縁系に広がると複雑部分発作とくに自動症を伴うことになる。 ...
  • 部分発作が発展して二次的に全般化し、強直間代発作を示すこともある。 ...
  • 単純部分発作の間欠期の脳波は簡単にいうと局在性反対側発射である。 ...
  • 単純部分発作か、複雑部分発作か、明確には区別できない場合もある。 ...
  • 部分発作の第一選択として推奨されるのはカルバマゼピンである。 ...
  • 意識が障害されないときは単純部分発作に分類し、意識が障害されるときは複雑部分発作に分類する。 ...
  • 精神発作は単純部分発作単独で出現することはむしろ稀であり大部分は複雑部分発作の最初の症状として出現する。 ...
  • 発作型は部分発作あるいは部分発作の全般化による直間代発作が多い。 ...
  • 通常は他の抗てんかん薬との併用で、てんかんの部分発作の治療に用いられる。 ...
  • 発作焦点が前頭葉皮質の運動領野にあると部分発作として痙攣が生じうる。 ...
  • 複雑部分発作で認められる方形波に似ているため精神運動発作異型と言われたが、てんかん性異常波ではない。 ...
  • 部分発作から二次的に全般化した発作であり、主に「強直間代発作」がある。 ...
  • 単純部分発作ではじまり、途中から意識障害を起こす場合と最初から意識障害を伴う場合がある。 ...
  • 複雑部分発作は、側頭部あるいは前頭、側頭部の皮質、皮質下領域の一側性または両側性の損傷によって発生する。 ...
  • 自動症は複雑部分発作中あるいは発作後もうろう状態に認められ、患者本人はその記憶がないか、あっても断片的、部分的である。 ...
  • 部分発作が発生するには電気活動の亢進による細胞レベルでの発作開始、周辺ニューロンとの同期、脳の隣接領域への伝播という3つのプロセスがある。 ...
  • 次へ